2011年03月07日

GOOD DAY TODAY/DAVID LYNCH



「…」

フリーダイヤル?…どうぞ〜」


ひらめき あ、はいはい、あのデヴィッド・リンチなんですけれどもね」

「デヴィッド・リンチぽいですね!」


「基本的に2曲しか入ってないんだよ」

「うん」


「それのリミックスがいろいろ入っているんだけど。僕が心配しているのは、」

「え、ちょっと待って。デヴィッド・リンチが自分でリミックスしたってこと?」


「ちがう。他のいろんなひとが。デヴィッド・リンチが作った曲を」

「2曲しかないものをたくさんのひとがリミックスしたのがいくつも入っているってこと?」


「そう」

「……へ〜。…じゃあリミックス比べという感じ?」


「まあ、そうだね」

「ふーん」




天秤座天秤座天秤座天秤座天秤座


「ていうか、僕が心配しているのは、その〜、なんて言えばいいのかなあ! リンチファンである僕はやはり聴きたいわけじゃないですか!」

「聴けばいいじゃないですか」


「でも、つまり、その、2曲しかないもので満足できるのかな思って」

「そのリミックスするひとが誰かによるのじゃないの 」


「あー…。てか、それ、占いじゃないよね」

「占いじゃないね 猫


「僕が言いたいのはね、このアルバムの中に入っている、その、」

「ひとことで言うとこうですよ! 『リンチファンなら聴きなさい! 』と」


「…それ占い?」

「ええ 雪


「その世界観を楽しめるってこと?」

「だからこれがリンチのワールドなんだから聴かなきゃだめよ」


「…」

「細木ふう。フフ」




天秤座天秤座天秤座天秤座天秤座

「あの…、具体的にいうとどういう、」

「だからさ、リンチがこれでアルバムを作ったっててことは、これが俺の世界なんだって出してるわけですよ」


「はい」

「だからファンはそれをパクパク食べなきゃもったいないのねきっと」


「なるほどね」

「…あなたすごい最近ニキビ出来てるみたいだけど、食べ過ぎなんじゃないの 猫


「うん。いや、でもいま、パクパク食べろって 犬

「じゃあ、リンチも食べなさい!」





天秤座天秤座天秤座天秤座天秤座


「で、あのー、リンチの映画は、まあ知ってるじゃない」

「うん」


「で、僕、リンチの音楽って聴いたことないんだけど。ちゃんと」

「うん。聴いたことない」


「こういう形ではね、CDを買ってとか。それで、リンチの世界観ていうのは、このCDでも楽しめるものなんですかね?」

「はい」


「映画と変わらず?」

「はい」


「…なるほど」

「もうJKにでてるし」


「リンチが?」

「うん。この中にはいろいろつまってるから。それまとめてリンチなんですよ」


「普通のロック・アルバムみたいな感覚で聴いちゃだめだってこと?」

「1曲1曲べつべつにしてこの曲が好きとかじゃなくてもうぜんぶ聴かなきゃだめですよ」


「リンチのニュアンスを汲み取って?」

「ええ、ええ」





天秤座天秤座天秤座天秤座天秤座



「ひとことで言うとリンチのニュアンスってなんだろう? 人によって感じ方なんてもちろん違うとは思うけど」

「わかりやすく言えば当然ミステリアスっていう言葉が一番近いけど、そのミステリアスっていうのは普通のミステリアスっていうニュアンスとはちょっとちがうという感じ」


「うーん」

「もっとbeautyと直結してるようなかんじかな。ま、リンチからしてみたらミステリアスでもなんでもないことだと思う」


「ああ、リンチの中ではっきり見えている美というものが、はっきり見えないひとにとってみればミステリアスってことなんだよね!」

「うんそう」


「そうだよね、なるほどなるほど。」

天秤座天秤座天秤座天秤座天秤座

僕の中でのベストリンチは「ロストハイウェイ」だ。
「マルホランド・ドライブ」も「ブルー・ベルベット」も
「ワイルド・アット・ハート」も好きだけど、
「ロストハイウェイ」の顔がブルブルふるえたあと、
別人になる特殊効果がいい。
嫌なことや腹の立つことがあったとき、
僕の心の中はあの顔がぶるぶる状態になる。
それに作品の中に充満する
ハリウッドの冷たい、くたびれ空気感に、
妙な落ち着きを感じるのだ。

話しはかわるが、海外ドラマの
「霊能力捜査官アリソン・デュボア」は、
僕のフェイバリットである。
ルックスはかなりちがうけれど、
パトリシア・アークエットの「ロスト…」の役柄と、
“アリソン”とは通じるものがあると思う。
世界に対して達観した感じというか。
それでいて人情派というアンビバレンツなところが。
リンチにアリソン・デュボアを映画化してもらいたいな。

押してくれるとうれしいのねbanner_02.gif
posted by ガリバー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ガリバーのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。