2011年03月02日

レディオヘッドってカッコいいな

Kid a Amnesiac

次回はひさしぶりに
Rに音JK占いをやってもらおうと思う。
何がいいかなと考える。
“レディオヘッド”というのが頭に浮かんだ。
新作が出たから。

じつはレディオヘッドにあまり興味がない。
嫌いではない。
バンドとしての存在はカッコイイと思う。
刺激的な音楽をやっていると思うが、
ツボにはいってこないのだ。
俺の音楽リスニングのツボに。

どんなアルバムでも、
自分の中のどこかしらのツボにはまる。
ベタなメロディ音楽というツボや、
冷たく孤高の音というツボや、
アバンギャルドの中のわかりやすいメロディというツボ、
ハードボイルドミュージックというツボだったり。
もしかすると、
レディオヘッドはそういったカテゴライズを避けてきた
バンドなのかもしれない。
本当に革新的なバンドゆえに
俺にはわからないのかも。

Rに新作を占いをしてもらうにあたり
「KID A」と「アムニージアック」を聴いている。
2枚をつづけて繰り返し聴いているが、
いいとも悪いとも思わない。
想像していたよりも聴きやすい音だった。
10年前のアルバムだから、
ちょっと古く感じる部分があるかもしれないと思っていた。
でもそれはまったくなかった。
10年のあいだにいろんな音が世に溢れて出たというのに。
それゆえ耳の器が大きくなったのかな。
俺が単に古いも新しいもわからないというのもある。
いや、レディオヘッドが
普遍的な音をつくっているのだ!
眠くなっている俺にはわからないにしても…。

押してくれるとうれしいのねbanner_02.gif

posted by ガリバー at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ガリバーのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188611419
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。