2011年02月20日

SEEDAと小室哲哉

罪と音楽



小室哲哉「罪と音楽」を読んだあと、
SEEDAのラップを聴く。
この組み合わせになってしまったのは、
偶然でしかない。
だが考えさせられる。
両者の間には遠く隔てているものと、
同じものがあると思った。

遠いものは存在のありかた。
存在を色で示すと、
小室哲哉はパステルカラーだ。
大衆という額の中に描かれる水彩画である。
SEEDAは原色だ。
大衆にぶちまかれる現代アートである。
どちらが良い悪いという話しではない。

音楽という絵筆を使うのは同じだ。
SEEDAの方が個人的な表現をするぶん、
現代的な音を鳴らしていると思う。
小室哲哉の、
自分の魂をのぞきこんで、
そこに大衆が見えるという構造も、
ある時代には現代的だった。

世代のちがいもあるだろうし、
景気や社会背景のちがいもある。
だけどふたりは音楽という同じ公園にいた。
小室哲哉はシーソーやブランコがなかったから、
それらを用意して、緑を植えて、
みんなで遊ぼうと言った。
SEEDAはそんなものなくても、
いきなりこちらの手を握りしめ、
ゲームをスタートさせる。
なんのゲームかわからないままに。

ふたりをつなげて考えるのは無理があったかも。
だけど、目の前に小室哲哉の本があり、
SEEDAの音楽があった。
ふたりの存在が俺の頭のなかで並んだときに、
何かグワッとたちあがるものがあった。
それはなんだと考えると、
音楽にたずさわる人間の、
音楽への愛ってやつだと思う。
誰もが持っているはずなのだが、
それを掲げるのには勇気がいる。
形はちがうが、
勇気という部分でも共通するものを感じた。

押してくれるとうれしいのねbanner_02.gif

posted by ガリバー at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ガリバーのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186952210
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。