2009年10月31日

Slipknot 10th Anniversary Edition/Slipknot



「えー、今回はスリップノットをやろうかと思います」
「めずらしいね、こういうの」

「僕、全然個人的にこのバンドに興味ないんです」
「そうだよね」

「でも、たまには変わったことやったほうが僕たち自身もあきないんじゃないかと思って」
「これはヘビメタ?」

「さあ。実は聴いたことないんですよね」
「はあ〜」

「だからこそなんか色々聞こうかなと思って」
「はあ、はい、どうぞ」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「ちなみにこれは10周年記念盤なんだって」
「ふーん」

「で、今回は、この10周年記念盤がさ、今聴いてもOKな音なのかどうかっていうところを占ってもらいたいんだよね。つまりさ、ノスタルジックじゃない感覚で聴けるのかってことを訊きたいわけなんだけど。とくに俺なんてこういうのまともに聴いたことないからさ」
「…、これは、マイケル・ジャクソンを聴くみたいな感じなんじゃないかな」

「うーん。つーことは?」
「むしろ10周年記念盤で聴きやすいんじゃないかとおもうよ」

「その当時でリアルタイムで聴くよりも?」
「うん」

「聴きやすいの?」
「なぜかっていうとバランスよく入っているからだと思うんだよね。あ、あの〜、曲の趣向がさ」

「なるほど。へえ、そういうアルバムなんだ?」
「うん。そ」

「…ハッ!、今一瞬占いだっていうのをわすれちゃったんですけどね」


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「で、僕なんかはエッヂーなロックが好きだとか言いつつも、」
「知ってる。ほんとにエッヂーだと嫌なんでしょ」

「そ! ほんとにエッヂーだと嫌なんですよ。ゴリゴリなエッヂーなヤツだとね。だからそういう点ではどう? 俺なんかでも聴けるのだろうか?」
「ああ、まろやかさもあると思うよ」

「それは曲のメロディ構成なんかが?」
「いや部分的な問題じゃなくて。全体的なバランスが。あの〜、なんていうのかな。ほどよく熟成して、何かの味がさ、作りたてみたいにとがって出てなくってまろやかになってるっていう」

「そうやって聞くと熟成したワインのような音ですね。占いによると」
「はあ、まあそうですね」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「あと最後の質問なんだけど。このひとたちがマスクを被ってること。それは音作りに関係しているんですかっていう質問なのね」
「それは、もう、もちろんだよ!」

「はー」
「マスクをかぶってるからこそ、ほんとのほんとの本質が出せるんだよ」

「なるほどー」
「だってそんなのあたりまえじゃん」

「マスクによって自我を消してるようなことなのかな?」
「ほら、ウッチャンがさ変装すると人格が変わるようなさ、」

笑う犬の冒険 スーパーベストVol.3 オリジナルコントスペシャル [DVD]
「ああ、めちゃくちゃコントが面白くなるよね」
「そうそ」

「なるほどねー」
「…こんなの占いじゃなくてもさ…」

「わかるだろうと?」
「う、うん」

「…なるほど」
「だからほかのこういうの(こういう音楽)やってる人よりも、マスク被ってるこの人達のほうが本質的に良い音出してんじゃないかと思っちゃうよね」

「それって占い? それともRの個人的感想なわけ?」
「ううん。今のはわかんない。どっちなのか自分でも」

「なるほど。でも、言われてみればなるほどねっていう…お話をどうもありがとうございました」
「もういいの?」

「ああ」


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「あ、あともうひとつ最後に言っておきたいことがある」

「はい」
「あの〜、マスク被っているからこそね、ある意味、彼らは自分たちのエッヂーさをユーモラスにとらえることができてるって感じがするわけ。そこまで突き放して自分たちのこと客観視してるっていうか。そこのところがね、いい具合なんじゃないかなーなんて思ってる」

「なるほどね」
「そこらへんが他のこういうバンドとハッキリ線をひくところなんじゃないかなって」

「無事に10周年をむかえることができる、その耐久性につながっていると!」
「あ、う、うん。はい」

「すいませんね。変なまとめ方で! 犬




ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

マスクかぶってるだけで聴きたくないと思う俺はなんて保守的なんだろうと思う。
ペイヴメント(祝、再結成&来日)のメンバーがマスクかぶっていたら、俺はファンだったかな。
たぶん聴いていないだろう。
だとしたら、俺にとってのロックは、音よりも格好にこだわっているということか。
KISSとかも苦手だし。
あたりさわりのない格好で、
あたりさわりのないロックをやっているほうが最悪だと思う
俺ってやつは…だめだ。
今度スリップノットを聴いてみなくちゃな。


せちがらい世の中ですが、余計なおせっかいをしてやってくんなさせえbanner_02.gif



posted by ガリバー at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

LOVE2/AIR

Love 2
AIR


「オンジャケウラナイ!」
「パフパフパフ 演劇

「えーと、エールの5作目の占いです」
「5作目なんだ?」

「タイトルが、“LOVE2”」
「LOVEツ〜?!…ふざけてるとしか思えない!」

「フランス人だから」
「フランス人特有のユーモアだね」

「フランス人らしい国民性出てますか。音にも」
「うん、出てると思う。ユニークなアルバムだと思う」

「ふうん〜」
「もはや理解不能な感じとすらいえるJK」

「ほうほうほう」


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「あのー、じゃあ聞くけどさ、このひとたちにとっての良い作品ていうのは、いったいどういった作品なんですかね?」
「このひとたちにとって良い作品はね〜、あの〜、自分たちをくすぐらせるようなことかな」

「なるほどー」
「自分たちをくすぐって、自分たちがアハハハって笑えるような音楽にする、喜べるような音楽にするってこと、と思うよ」

「なるほどねえ」
「そういうことを今回はやったと思う」

「ふんふん」


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

「で、今回5作目での大きなチャレンジとかあるんですかね? このアルバムで」
「5作目だからこそ余裕が出せたんだと思う」

「ほんとに?!」
「うん」

「そうなんだよ、今回なんかすごくちがうらしいよ。作った環境とかも」
「余裕な感じがする。勝負に出たっていうよりも楽しむ部分がすごい多かった気がする」

「ほうぉ! するどいね フリーダイヤル
「ええ ドコモポイント

「実はそうなんですよ」
「へ〜」

「ってなんで俺がそんな知ったかぶりしなきゃならないんだろう…ロッキング・オンで読んだだけなんですけどね。で、俺さ、このひとたちバンドとしては好きなんだけど、」
「うん」

「いつも聴くたびになんかこう眠くなるんだよね〜。いまJK見ただけなのになんか眠いしね〜」
「今日のガリバー、なんかテンション低いもんね」

「彼らにとっての刺激的なアルバムってどういうものなんだろうね? それとも刺激的なアルバム作ろうとなんて思ってないわけ?」
「あのー、フランス人にとっての刺激と、日本人にとっての刺激概念って一般的にたぶんちがうと思うんだよね。そこのちがいじゃないかなあ〜」

「…はあ、なるほどね」


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「今回5作目っていうふうにさっきも言ったんだけど」
「うん」

「僕はこの人たちに会ったらぜひ聞きたいことがあって、それは、なぜ、コンスタントに自分たちらしい音作りを続けることができたのかなってことなんだけどね」
「他人と自分とは別だと思っているからかな。でもそれはもう無意識下で」

「なるほど。この新作にもそういうところは出ていますかね」
「あのー、…今回とくに出ていると思うよ」

「ほう、そこらへんをもうちょっと突っ込んで聞かしてくれない?」
「うん、たとえばさ、周りと自分とを比較して競争心からがんばってるバンドだったとしたらさ、こういうJKには絶対しないと感じるの」

「うん」
「こういう、なんていうか、ふぬけみたいなJKにするっていうのはさ」

「うん」
「自分たちの、マイペースなところで音作りやってるってことだと感じるんですよね」

「なるほど。モノクロだもん」
「もうたぶんさ、普通は理解不能なJKだと思うんだよね、これ」

「うん。うーん」
「ちょっとありえないJKなんじゃないかなと思うわけ」

「そうだよね」


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「エールはコンビネーションていうか、お互いに信じあってるところがいいと思うよ」

「今回のアルバムにもそれがすごい出ているってことですね」
「うんうん、お互いの持っている才能を信頼しあっているというかね」

「じゃあ、エールの音楽を聴くっていうのは彼らの在り方を聴くみたいな感じなんだね。きっと」
「うん、そうかもね」

「それがわかっていなかったから、俺は眠くなっていたのかな」
「そうだよ。他のと比べて聴いているからだよ」

「そうだよね」
「エールはエールなんだよ」

「なるほど」
「だから逆に、何とも張り合ってないエール聴くと気分が良くなるっていうひともいっぱいいると思うよ」

「俺も好きだよ。それに今回かなりちがうらしいよ」
「ちょっと興味深いね」

「Rも聴いてみたい、これ」
「うん。ちょっと聴いてみたいね」

「どうせ買うのは俺なんだろ 犬
「うん。そのあと貸して欲しいと思っているの ドコモポイント

「はあい」




ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

インターネットで世界はつながっていると言っても、
いまだフランスは僕にとっては遠い国だ。
音楽なんかはとくにそうで、
どこの国の音楽にも境界線を感じないのだが、
フランス産のロックやテクノなどにはいまだに、
異国情緒を感じてしまう。
たんなる僕が時代遅れなだけなのか、
それとも別の理由があるのか。
これはよく考えてみないとわからない。

時流にあわせず、自分の世界観を全うする
エールの個人主義には憧れる。
信念の強さは自由につながるのだなと思う。
Rはそういったことをふまえて
エールの音を楽しむと良いと言っていたが、
やはり僕は眠くなる。
自由を前に僕は眠くなるのだ。



これを押してくれたらもっとアップ率高く出来るのね。はげましてぃ〜!banner_02.gif




posted by ガリバー at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

The Resistance/MUSE




「トゥー、トゥトゥル♪(オールナイト日本のテーマ曲)トゥトゥルル、トゥトゥル♪」


「え〜、みなさんこんばんわ、音楽JK占いです」

「パッパッパッパ〜♪」


「この連休を利用してのフェア占いで、できるだけ連続でアップしていけたらなと思います。では、Rさんよろしくお願いします」

「よろしくお願いします」


「はい。では、もうサックリといきましょう」


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「今日はミューズなんですけれども」

「はい」


「ミューズはテクニックはすごいあるバンドなんで」

「うん」


「1枚1枚クオリティがあがっていくのは、、それは普通のバンドにとっては当然のことじゃないけど、このバンドにとってはもう当たり前のことなんですよね。すごいバンドなんです」

「ととと、当然?」


「で、なにが前作よりすごいのかっていうよりも、今回僕が聴きたいなと思ったのは、テクニックとかそういうものではなく、本質的なところでどういったものがビルドアップされたのかなあなんてことを知りたいなと思ったわけです。このJKを見て」

「本質がビルドアップ?」


「ええ。本質がビルドアップなんて僕が言っちゃったらRは言うことないんじゃないかなと思うんですけど」

「…本質がビルドアップってどういう意味なのかなと思って 眼鏡


「…(笑)なんて言うんですかね、普通のバンドのようにテクニックが向上してアルバムが頑丈になっていくというわけではなくて、ミューズはもっと別な部分で変わって来ているんじゃないかなと思いまして、そこがどういったとこかなっていう。うん、ちょっと、むずかしいことを」

「ごめん、ガリバーさんの話が長くて最初のところを聞くのを忘れてしまいました」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「えー。じゃあ、簡単に言うとね、今回のミューズは、自分たちのバンドのそういった(本質的な)点にフォーカスをして、このアルバムを作りあげたのかどうか」

「…あのー、ほんとうのところ彼らは、(自分たちの)本質的なことは、わからないんじゃないかと思う」


「あ、はー」

「わからないのに、ずーとわかっているつもりで来ているんじゃないかと思う。そこを技術でカバーして来たんだとおもう。無意識に」


「それは言えるかもしれないな。このバンドが他のバンドと一緒に簡単にカテゴライズされたりすることってないからさ」

「ふうん」


「なんかいつも孤高のバンドぽい印象があるんだよね」

「へー」


「かといってすごい変な音楽を、アヴァンギャルドな音楽をやっているわけじゃなくて、すごいポップでエモーショナルな音楽をやっているんだけども、やっぱ孤高なんだよねこのバンドは」

「なんか当たり前のように自分たちの音楽というものをやってきたけど、そんなに他のバンドみたいに深くそれ(自分たちの本質的な面)を掘り下げるつもりでやったことはないと思う。いや、やってるつもりかもしれないけど実際はやってないとおもう。そんな感じがするなぜか」


「なるほどね〜」

「そうじゃないほうをがんばるて言うか、こう、なんて言うのかなインテリチック? な感じがしますね」


「インテリチック」

「体育会系と医者系だったら医者系というかね」


「単なる文科系じゃなくてね」

「うん」




ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「創作環境とかにも変化があったようなんだけどさ」

「大きなところを借りたとか?」


「自分たちのスタジオで、自分たちのプロデュースでやったみたいなんだけど。それは吉とでていますか?」

「う〜ん、なんて言ったらいいかわからない。でも他のひととグチャグチャになるよりは、かえってスッキリしたところに方向性が定まっていいような気がするけど」


「へ〜」

「本当に彼らがいま言ったように本質を掘りさげようとしているわけじゃないバンドだったら、そういうつもりなプロデューサーがついたらさ、あの、めちゃくちゃになってバンドが崩壊しちゃう可能性があるかもしれないでしょ、複雑な感じで」


「だから今回そういうのやめたってのもあるんですかね」

「うーん。…とにかく今回はなんか妙にスッキリしてると思う、そう思います」


「はあー」

「妙にスッキリして“自分たちの本質もうわかりすぎちゃうほどわかってる、これが俺たちの本質だぜ”みたいなアルバムに作ったつもりだと思うけど、それっていうのはまだリンゴの一番うえのワックス部分くらいな感じがする。実際にこのアルバムで表現されてることっていうのはまた別の事柄というか」


「ワックスかけられてるリンゴなの!」

「…あ、ガリバーは無農薬じゃなきゃいやなの」


「いや、無農薬のリンゴってのはむずかしいんだよ。ノン・ワックス!」

「ああ、じゃあ、農薬2回くらいの皮のところでいいや」


「農薬2回とかいう問題じゃなくてワックスされてないのが基本じゃないですか、くだものでも」

「う、うん」


「ミューズでも」

「じゃあリンゴの皮1枚ぶんでいいよ!」


「なんの話しだっけ」

「忘れちゃった」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「でもくだもので言えばミューズってちょっと変わったくだものって感じがするよ。俺の中じゃ」

「チェリー?」


「そんな感じ。どうなんですかこの甘みというか、その果汁というか」

「このJKから言ってない? くだものに見えるんでしょ」


「フルーティー具合っていうのは」

「喉かわいてるんじゃないですか?」


「ちがうちがう。曲がポップかどうかというのを質問するときの比喩を使って言ってるんだよ」

「これはガリバーは全然好きじゃないと思うよ」


「あ、そう」

「うん。でも、こういうのすごい好きなひといると思う。アルバム自体はすごくいい感じするしね」


「それはなんで俺が好きじゃないって言ったの? ポップさ具合とか、メロディの感じとか?」

「ガリバーは流れていくようなのとか好きじゃないじゃないんでしょ」


「ああああ。くっきり3分できっちり、こう」

「がっちりしたのが好きでしょ」


「ああ、そう、うん。」

「ミューズ聴いたこともないのにこんなこと言うのもへんだけど」


「でもたしかにミューズはそういったサウンドなんだよな」

「そうなんだ?」


「うん」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「彼らはこのアルバムを持ってして、次どういったステップに向かおうとしているのかな?」

「もっと閉じられたところに向かうんじゃないかと思うよ」


「閉じられたところに」

「うん。言葉が難しいけど、そんな感じが近いかな。ファンの数とか減っていくかも。それか増えてくかも。どっちもあり」


「まあ、でも閉じられたところっていうのはたぶん、より自分たちの」

「そう、色を濃くだしていくのね」


「なるほどね」

「あ、ちがった、このバンドの場合、“濃く”っていうのじゃなくて」


「うん」

「綿密に出していくっていう感じ」


「不思議なバンドだよね。なんか、このひと達の個性っていうのは、普通のバンドのいわゆる個性とはちがうんだよね。Rが言おうとしているのは、2012年に向けてのバンドなのかもしれないな」






ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
飛行機 bounce.somのレビュー
ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

ミューズが解散することになっても
オアシスのように話題になるとは思えない。
ミューズはオアシス級に人を集め、
熱狂させるバンドである。
なのにみんなのバンドという感じがしない。
なぜだろう?

ミューズは、周りと関係なく
自分たちの温度を高めて行く。
世界を横断して行く台風みたいなものだ。
あまりに勝手に進んで行くので、
過ぎ去ったあとはみんな忘れてしまう。

みんなとつながることが重要なのではなく、
誰もが自分自身のままで、
分け隔てなく共存できる世界がやってくると思う。
ミューズはそんな世界の、
これからのバンドなのである。きっと。


どうして誰もこれを押してくくれないのか…。もうやだ〜(悲しい顔) おもしろくないならはっきり教えてぃ〜雷雪banner_02.gif



ラベル:Muse The Resistance
posted by ガリバー at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

PHRAZES FOR THE YOUNG/JULIAN CASABLANCAS




「このアルバムにはタイトルも名前もないのかな?」

「ついてないね」


「ふーん。なんでつけなかったんだろ? それほど自分に自信があるってことなのかな」

「縦のとこについてるんじゃない?」


「レッド・ツェッペリンの4作目なんてさ、音だけで評価しろってタイトルも何もつけなかったという話があるわけなんだけど、このアルバムにも何かそういう理由があるんですかね」

「もし実際のJKにもついていないとしたら、それはストロークスだからじゃないの」


「ストロークの俺は誰もがみんな知ってるだろうってこと?」

「ちがう。この人にとってはストロークスがメインという感覚のほうが強くあって、ソロに名前を大きく入れてみたら違和感がしたんじゃないかな」


「なるほどねー。このJKにはそういった気持ちの一面が出てんですね」

「ほんとかどうか知らないよ ! いまのとこは占いじゃないもん」




ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)



「実際、音のほうはどうなんだろうね? 
ストロークスと違うらしいんだけどさ、やっぱりあえてちがうようにしてるんだ?」

「それはもちろんいろんな側面があるから、と思うよ。このひとの」


「うん。もっと詳しくみてみてくれる?」

「…あのー、こう言うとソロだから当たり前って言われるかもしれないけど、でも、そういう想像以上にプライベートな音という感じがする」


「はああー。プライベートな音っていいよね」

「うんそうね」


「ということは、ジュリアン・カサブランカスはやりたいこと120%くらい思いきりやれたんでしょうね」

「うん。でもそういう雰囲気じゃない感じね、もっと気楽なアルバムだと思うんだよね」


「みんなが想像しがちな重いストロークスじゃなくて、そして、いかにもソロ! ドカーン!というのではなくて? ということ?」

「こっち(ソングライティング中にメインで出てくるの音)はストロークスだけど、こっち(それとは別に自分から出てきた音)は何なのかなー? と考えた時に、これはもしかしたらソロをやったらいいのかもしれないかなーと思ってやった感じの気楽さというかね」


「じゃあ、先にソロアルバムありきじゃなくて」

「予感があって、というか、そういう傾向の曲、またはフレーズがいくつかあってやりたいことのイメージができたんじゃないかって感じがする」


「ふーん。他のメンバーは自信のユニットとかソロとかポコポコだしててさ、でもこの彼だけがずっと出してなかったわけなんだけど」

「それはやっぱりこだわりがあったからなんじゃないかな、いろいろ、彼の。でも今回のは自然な流れで作ることができたから、それはOKだと感じたんだとおもう」


「なるほどね」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)



「じゃあ、このあとにまたソロを何枚かとかそういうことは特別考えたりはしてないの?」

「そういうことはいまは考えていないと思うよ」


「今回はたまたま出来たんだ?」

トム・ヨークの占いのときもそういうのに近かったんじゃなかったっけ?」


「そんなこと言ってたね。トム・ヨークのあのアルバムのスタンスに近いってこと?」

「だと思うよ。もちろん内容全然ちがうけど。本人にとってのソロへの流れは近いかもね」


「あのさ、トム・ヨークはイギリス人じゃない。ストロークスはニューヨークのバンドじゃない。でもこのアルバムをパッと見たときイギリスぽい印象を受けたんだよね。なんでなんだろ?」

「うん。イギリスぽいね。それはプライベートさが出ているからだよきっと。あんまりパブリック向けっぽくなくてね」


「あー、なるほどね、そこにつながっているわけだ」

「狭い感じがしたんじゃない」


「うん、いい意味でね。なかなか良さそうだね。そうやって聞くとね」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)



「気になったのは、このアルバムにおいてのこの人の音の作り方なんだけど。ストロークスでは、バンドでしっかりと緊張感もって作ってるっていうイメージあるんだけど、ソロのときはもっと、楽しくのびのび自由にやったのかなって。まあ、ストロークスでも自由にやってんだろうけどさ、なんていえばいいのかな〜…」

「あたま使ったとおもうわ」


「あたま使ったの?」

「うん」


「そりゃ、意外な、意見だね

「あの、曲の切れ端みたいなのがいっぱい落ちていてさ、それを曲にするのに、けっこうあたま使ったとおもう」


「ふぁ〜〜〜」

「だからのびのび楽しく、とかそういうのはちょっと合わないとおもう。表現として」


「いや、俺だってこの人が“のびのび楽しく”っていうのはちがう思うけど、なんかこううまく言葉が出てこなくてさ…。でも、頭を使って断片的なものをいろいろ構築していったのは、なるほどなって感じするよ」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)



「このJK見る限りだと、ま、俺が占うわけじゃないけど、それはけっこう上手くいったんじゃないの? そのパズルみたいなのは」

「どこにもあてはまらないようなアルバムになったんじゃないかなあ」


「JK的には、どう? このアルバムはいいなーとか、イマイチとか、いつもレコード屋で教えてくれるけど、そういうのはどうなの?」

「そんなに売る気はないと思うよ」


「売る気ないの…?」

「うん…ストロークスのB面集ぜんぶ自分で作って歌ったみたいなつもりで出してるという感じがする。リスナーの印象としてはそう受け取れないかもしれないけど、でもそういうスタンスが彼の中ではじつはあるんじゃないかと思う」


「なるほどね〜」

「でも、だとしたらそのぶん価値は高いと思うよ」


「あ〜、なるほどね。わかりました。」







ガリバーのひとり言の前にここを押してねひらめきbanner_02.gif

  Thanksありがとう!


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
位置情報 bounce.somTHE STROKESのJULIAN CASABLANCASが初のソロ・アルバムをリリース
ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


過去から続いている考え方では対応できない世の中になってきました。

バンドであるか、ソロであるかというのは、“音楽”という観点でとらえた場合、なんの意味もないことなのかもしれない。
できあがった音だけが重要であるならバンドかソロかというのは、音楽を作る方法論にすぎない。

バンドかソロか。アルバムか楽曲単位のダウンロードか。
その境界線はもはや曖昧で、音楽を聴くということだけがシンプルに残されている。
僕自身も、音楽というものがなぜ自分にとって必要なのか、思いこみではない本当の理由を探らなければいけないと思っているところなのです。満月やや欠け月半月三日月犬


posted by ガリバー at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。