2009年09月17日

朝の音楽

バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年録音)  Crooked Rain, Crooked Rain

僕のi podにはグレングールドとペイヴメントがはいっている。
シャッフルされて交互に流れるのだが、
まったく違和感がない。
通勤途中の街並がグールドのピアノで
映画のワンシーンのように見える。
大きな出来事が起きる予兆を感じさせる風景場面、
もしくはすべてが終わった後のラストシーンという感じだ。
グールドのピアノは神の俯瞰だなと思う。

その後グシャグシャのペイヴメントが流れはじめると、
思いきり両手をあげたくなる。
自分はまだ生まれたばかりの子供だ。
のしのし未知の時間に向かって歩いて行く感じ。
なんでもOKという気分になる。

天才的なピアニストによって奏でられるバッハと、
90年代を代表するローファイサウンドの流れによって、
自分は人生という映画の中で何度も死んで、
何度も誕生していることに気づかされた。
すべてが許されている。
とってつけたようなテーマも、
絵に描いたようなメロドラマもいらない。
自分の存在は世界の一部であり、
そのことを実感したときに僕は感動する。

i podで気分が良くなったからって
意味のある1日に出来るかは自分しだいだ。
だけど自分がポジティヴなオーラに包まれるのを感じる。
これは一種の音楽療法なのだろうか。

i podをしていないときも音楽的な体験があった。
ある朝、
とても前向きな表情で空を眺めている女性がいたから、
なんだろうと僕も空をみあげたらぬけるような青い空だった。
僕が空を見あげたことで、
すれ違いの男性もつられて空を見る。
女性につられて僕や男性が空を見るから、
通勤途中のひとたちが“なんだなんだ”と空をみあげた。
そこにはただの青い空しかない。
誰もが納得したというすがすがしい表情をしていた。
これは最初に空をみあげた女性が発した音を、
みんなが1曲につなげていったという感じがしたのだが、
どうだろう。

僕と君とのメロディをかなでてみてぃ〜ひらめきbanner_02.gif
posted by ガリバー at 18:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ガリバーのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

IGNORE THE IGNORANT/THE CRIBS



「このクリブスの初回限定生産にはDVDもついてんだってさ」

「へー」


「それで2300円だってさ。安いよね」

「ライブより安い」


「赤坂ブリッツでライブだってさ。インフォメーションみたいだね、これ。ハハハ!」

「あのね。赤坂ブリッツであれ見たことある」


「スウェードでしょ。良かったよね」

「2日連続で見たの」


「今はなきスウェードね」

「そう」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「このひとたちかなりね、スペシャルな能力持ってると思うんだよ。星の数ほどロックバンドあるけど、その中でも、音の鳴らし方、メンバーの結びつき方とかがほんと特別だと思うんだけどさ。このニュー・アルバムはそういう力がどう発揮されてるかっていうのを知りたいのでね、そこらへんをRに説明してもらえたらな思いまして」

「……そんないきなり核心的なことから聞かれてもねえ」


「ああ、そう。じゃあ、いいわ。もっと、やわいとこからいってみる。すごいメロディがいいバンドなんですよ。でもなんかね、俺個人的なんだけど、フルで聴いたときにすっごいいいのと、今ひとつメロディは良いけどパンチに欠けるというのがあって、今回のニュー・アルバムはそこらへんどうかなと思って」

「それは変わんないと思う」


「いままでと変わんないんだ。全編ガッチリ、バッチリOK! みたいな感じじゃないんだ?」

「べつにそんなふうに作っているつもりじゃないと感じるから。まあ、そういうふうに作れればいいにこしたことないだろうけどさ」

「うん」

「日記書くようなものかな」


「ああー」

「自分たちのすべてを記録しておきたいだけというようなことだと思うから」


「日記書くようにあんな素晴らしい曲の数々を作るなんてな…。やっぱこのひとたちはすごいなあ」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「でも日記書くようなってのはわかるよ。演奏する姿見ててもさ、ホントいい意味で遊んでるように音楽をつむぎだしている感じがあって、そこが見てても大好きなんだけど」

「それがこの後ろのライブラリーみたいなのに表れているんだよ」


「はあ、なるほど。で、このアルバムでは、その遊んでいる感じが、今回はどんなふうに表現されてるのかなって気になるところなんだけどね」

「遊んでいる感じ?」


「うん」

「う〜ん、遊んでいる感じっていうか、無意識なところで赤裸々にやろうとしてるんだと思うな」


「ほお…。でも、そんなような話はさっきも聞いたんだけど」

「あのさ“いわゆる”っていうっていうものをはずそうとしているんだよ、きっと。誰だってみんなほっとくといわゆるロックをやってしまうわけ」


「このひとたちであろうとも」

「うん。きっと誰でもね。耳に染み付いているから」


「ふーん」

「ロックってものが」


「ええ」

「でも、そういうの全部既成概念はずした、ほんとに自分たちのロック、もしくはロックなんて型じゃなくてもいいから自分たちの形のようなものを作ってみたいと思っているんじゃないのかな」


「ああー。いわゆるロックみたいなところで視点をあわしているわけじゃないんだな」

「うん」


「もっと志高いんだね」

「ま、そこまで言葉で思ってない感じするけど。実際やろうとしてることはそんなようなことだと感じる」


「うーん。わかるな」

「だからそういうヘボいとか思われる曲もいっぱい入ってるんだと思うよ」


「なるほどね」


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「じゃあ、これね2nd。どう?」

The New Fellas
The New Fellas

「うん。なんか、…素人くさいね」


「素人くさい。じゃあ、このひとたちは1枚1枚成長してんだね」

「…そうだね。1枚1枚っていうか、今回で成長したんじゃないのかな」


「あ、そう。
これ1st」

The Cribs
The Cribs

「こっちのほうがマシだと思うな(2ndより)」

「じゃあ、今度はちょっとこっち見てよ」

メンズ・ニーズ、ウィメンズ・ニーズ、ホワットエヴァー
メンズ・ニーズ、ウィメンズ・ニーズ、ホワットエヴァー

「これが前回のアルバムなんですよ。よく見てくださいよ」

「なんだか今回のに比べてパッとしないね。それに3枚の中でも一番パッとしない感じだね。洗練はされた感じはするけどね」


「そう? フランツフェルディナンドのボーカルのひとがプロデュースしてんだよ」

「へええ」


「いいアルバムだよ。3rdなんだ。このJKと最新作を見比べてなんか大きく変わったところがあるんじゃないですかね」

「すごい変わったと思うよ」


「すごい変わった?」

「うん。かなり進化したと思う」


「進化した」

「方向性がいっぱいできたと思う」


「フンフンフン。その要因となったものはわかりますかね」

「やっぱりいっぱいいろいろ実験したからじゃないかな」


「実験した? 3rdアルバムでも彼らはすでにいっぱい実験みたいなことしてたと思うんだけど」

「今回はもう、そういう自分たちに飽き飽きしたんだと思う」


「なるほど。それで今回のニュー・アルバムでは実験の質が変わったわけだ」

「実験の質っていうか、そういういろいろな実験して飽き飽きして、それよりももうちょっとグレードの高いところに目を向けなきゃダメだっていうことに気がついたの、と、思う」

「なるほどねー」

「グレードが5まであったとしたら、3くらいのグレードのもの延々作っているうちには3が5だと思って、そのうえに5があることに気づいてなかったんだよ。でも何かのきっかけでグレード5のものが出来た時に初めて、あっ、あのときは3だったなと思ったと思うわけ」


「なるほどねー。じゃあ前のアルバムの印象で聴くと、今回彼らのまたちがった感じが楽しめると」

「今回のほうが断然良いと思う」




ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「彼らは今回、人間関係性においてすごく変化があったんですけど。実は」

「へー、じゃあそれもいいふうに働いたんだね。誰かぬけたの?」


「いや、逆」

「じゃあ、そのひとの影響大きいのかもね」


「そのひとの影響大きい?」

「いや、こんなにも変わっているんだったら、きっとそのひとの影響もあるんじゃないかなと」


「あー、そこね、ちょっと下世話な感じで聞きたいんだけどさ。そのひとの影響がどんなものだったかとか。ま、そこまではわからないですかね」

「ドライになった感じがする」


「ドライになった? ふーん」

「ドライになったと思う」


「バンド自体が」

「うん。自分たちの創作物とか音ってものに対して、ドライに、み、見ることが出来て、」


「それが更なる成長につながったと」

「ええ。はい」


「そうなんですよ。実はね、ひとりすごい伝説的なギタリスト、ザ・スミスっていうバンドにいた、ジョニー・マーというひとが入ったんだよね」

「ふ〜ん」


「…Rにとっては、そんなことはどうでもいいと」

「それで、ドライになったわけなのかな?」


「うんうん。なるほどねー。やっぱジョニー・マーの参加は大きく影響したんだな、と」





前回はみんなほんとに押してくれてありがとう。
応援してもらえてうれしいです。
また今回もお願いだよ!
ガリバーのひとり言を読む前にこれを押してね。お願いね。犬リボンbanner_02.gif

あ、いま押してくれた?

どうもありがとう!!ハートたち(複数ハート)揺れるハート



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
水瓶座久保憲司さんのロック千夜一夜/第148回 ─ ジョニー・マー新加入! UKとUSのインディー・ロックを秘かに邂逅させるクリブスの記事
水瓶座 bounce.comのレビュー
水瓶座UKロック マニア!さんの「ジョニーマーがクリブスに正式加入」記事。
ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


最近、俺はi podにペイヴメントの「クールキッド・レイン」のデラックス版を入れて毎日出勤途中に聴いている。
散々聴いて聴き飽きたはずなのに、数年ぶりに聴くと再び新鮮で、メロディやギター・フレーズの組み立て方がグッとくる。
スティーヴ・マルクマスのヴォーカルも味があっていい。
ペイヴメントは渋谷のクアトロでライブも見た。
ローファイな感じはそのままに、演奏は分厚くタイトで、音楽へのマジな愛を感じたのを覚えている。
俺のフェイバリット・ライブだ。
新作が出ないのが残念でしょうがない。
90年代を象徴するバンドだったのにニルヴァーナやオアシスのように物真似バンドもなかなか見当たらず替えの効かないバンドだったのだなと思う。
そういう意味でクリブスは絶品だ。
クリブスにペイヴメントの最良の遺伝子を感じている俺は、
クリブスの新作を聴けるという幸せを噛みしめている。
おまけにペイヴメントにはない2000年代バンドらしいヌケのよさもあって、ノスタルジーではなく、音楽の未来を感じて好きだ。


posted by ガリバー at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

緊急占い「ノエル、オアシスを脱退?!」

ファミリアー・トゥ・ミリオンズ

「えー、緊急」

「フーッ」


「やめてくれよフーッて言うな。ノイズが入るだろ」

「深呼吸したんだよ。ハー」


「音JK占い番外編です」

「パホパホパホ 演劇


「なんとオアシスのノエルが脱退宣言をいきなりしてしまいまして」

「ノエルってどっち? お兄さん?」


「お兄さんだね」

「お兄さんなんだ! 弟の方かと思っちゃった」


「メインソングライターですよ。オアシスの。ま、今は他のメンバーも曲作ってるけど。で、これはね、2009年9月5日現在、はっきりしたことがまだ本人達から何も知らされていないので、ここはRのタロットリーディングで」

「はい」


「真相の行方を占ってみようということになりました!」

「占いましょう クラブダイヤスペードハート


「大変ですよ〜!」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)



「えーと、じゃあ、まずですね」

「はい」


「今、現在(2009年9月5日)そのー、ノエル」

「お兄さんだっけ?」


「お兄さんの方」

「お兄さんが、ノ、エ、ルと」


「はい。お兄さんの状況を教えてくれる? この脱退にいたるまでの、その〜、」

「あー、あの、なんかね、やっぱりオアシスっていうのはお兄さんの力がすっごい大切みたい、っていうか、クリエイティヴィティにおいてすごい強いみたいなんですよ」


「ふん」

「でね、そういうふうには見えないんだけど弟さんの依存性っていうのが、結構過剰に、あの、『兄ちゃ〜ん』とかいうわけじゃないけど、こう、お兄ちゃんからしてみれば重た〜く、あるみたいなんですよねー」


「あー、弟さんが依存的な存在だと」

「そう」


「お兄さんにしてみればそれがすごくあったと」

「そういうのもあって、あとお兄さんはやっぱり自分の利害とかスペースを守ろうと思ったみたいで、でもそれをうまく表現できたわけじゃなく、その自分のあれこれを守るためにしたことが、この今回の、脱退ということになったみたいなんだよね。つまり、自分の道を挫折してしまった、みたいな感じな表現方法になっちゃったわけみたいなんですよ」


「フンフンフン」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)



「で、弟は今までお兄さんにしてきたことが、かえって、というか、あの〜、かなり甘えがあったみたいで、それがマイナスになってしまったみたい。で、やっぱり、この問題というのは、弟と兄間の感情のもつれ問題というのがメインみたいで」


「やっぱ、そこですか」
「はい、そうみたい。あきらかに」


「もう他のメンバーやスタッフとかも関係なく」

「情に関わるところでのこのトラブルというか悲劇というかだったみたい」


「まあ、それしかないかなと、外部から見ていても思ったりすんですけどね」

「うん。カードもそう言ってるですよ」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「はあ、なるほど。では、今後の、ふたりの感情のもつれみたいなものの行方は、なにかわかりますかね」

「やっぱり弟とお兄ちゃんが一緒にいると、お兄さんは、弟はやっぱさ、あの、なんつーの、べつに本当に暴力をふるうってわけじゃいかもしれないけど凶暴的な感じの印象みたいなんだよ、凶暴的っていうか」


「お、おと、弟が」

「そう、弟。なんていうか荒々しい感じで、お兄さんは弟がそばにいると心落ちつけないみたいな、なんかそんな感じがあって。でも今まではね、そういうふたりの関係も保留にしてあったみたいなの」


「うんうんうん」

「今までは、ま、ちょっと、しばらく頭冷やそうみたいな感じがあったんだけど」


「うん」

「でも、今、こういうふうに、たぶん突発的にしちゃったんじゃないかなと思う」


「どっちがなにを?」

「お兄さんが脱退したこと」


「これは、けっこう突発的だったと」

「そう、そう。あんまりじっくり考えてしたことではないみたいな感じ。でも、今までつもってたものがあるから。二人はいい具合には別れてないって」


「なるほどね」


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「それで今はやっぱり、あのー、こういうことやってしまったわけけど、この。感情的なこのえぐれ感というか喪失感というか、それは二人ともすごい強いみたい」


「お兄さん?」

「ふたりとも」


「ふたりとも」

「うん」


「うーん」

「でも運営のためにはしかたないみたいっていうか、そういうのはあるみたい」


「オアシスの運営」

「とか自分のアーティストとしての運営のために」


「あー」

「そのためにはこうするしかなかったみたいなんだけど。でもやっぱり感情面ではふたりともすごいえぐられてるみたい」


「うーん。なるほどー」


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)



「解決の糸口、いやー、ないのかなー」

「でさ、あのー、頑固さが、ふたりともなんかあるみたいで。…アドバイスとしては、まあ勝手にアドバイスさせてもらうと」


「はい」

「このままふたりとも頑固でいくと、すごい深く結びついていたふたりがねバラバラになっちゃう感じなの。身も心もね」


「うん」

「だからね、ふたりとももうちょっと頭やわらか〜くして、仲良くしてもらいたいな、なんて」


「ま、オアシスのノエルとリアムがこのブログを見ているわけはもちろんないんですけれども、Rの願いが彼らに届くといいね。ぜひ、ノエルさんもリアムさんもアタマをやわらかくして、今一度お互い向きあってほしいところだね」

「うん。でも、やっぱりね、何回やっても同じくり返しになるんだとは思う」


「あー、なるほどね。はー。ま、占いはだいたいこんなところですか」

「あの、お兄さんがね、そんなにオアシスの中でそこまで大事な存在だって知らなかった。でもね、ほんとにこのお兄さんがやってるバンドなんだなーと思った。占ってみて」


「なるほど、ありがとう! じゃあ、緊急速報はスピードが命だからさっそくUPしてみるよ」


「…あの、いま、気がついたけどさ、ガリバーから2人のことについて占ってくれって言われたから二人の関係メインに占ってたんだけど、で、それ念頭にリーディングしちゃったんだけど、いいのかなって…。」


「…。いや、いいんじゃないかな。なんか矢追純一のUFO番組みたいになっちゃったけどさ…犬





ガリバーのひとり言の前にここを押してねひらめきbanner_02.gif

   押してくれた? 

       ありがとう!! ハート




ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
位置情報 bounce.som 沈黙を守っていたLIAM GALLAGHERが「もうOASISは終わった」と発言
ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


僕個人的には、
ノエルぬきになったオアシスを見たい気がする。
猛烈なファンの方は怒るかもしれませんが。
クリエイティブ・リーダー(というものがあるなら)がぬけてこそ、バンドの本性があらわになってくる気がするのだ。
バンドって火事場のクソ力を発揮するときがあると思う。
ノエルから離れたオアシスを見たい。
どういうバンドになるか想像できるようで出来ないところがニュー・オアシスの魅力だ。

ノエルの歌はもはや、オアシスの中で聴くのはチグハグ感があった。
バンドを利用したソロではないかと僕個人は感じていた。
それが良い悪いではなく。
ノエルの作品もソロでじっくり聴きたいと思う。



R『でもねふたりとも求めあってるからもどるんじゃないかと思うよ(占いとは関係ありません。単なるRの意見)』

posted by ガリバー at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。