2008年10月06日

DeathMagnetic/Metalica




「ひさしぶりの音JK占いなんだけど、」
「自分たちもやめるのかと思っていたんだけど、アリスさんが熱いコメントをくださったんでまたまた復活することにしました」

「アリスさん、ぼくたちのハートに火をつけて(メタメタ比喩ですみません、、)くださってどうもありがとうございます!揺れるハート
久しぶりなんで何をやろうか悩んで、ほんとは僕はオアシスとかがいいかなと考えたんですけど、JKを見たRの大推薦もあり、なぜかメタリカになりました」
「そ。最後には神様ジャンケン(神様に選択をゆだねてするじゃんけんのこと)をしたら神様がメタリカやりなさいって」

「だけどなんでオアシスじゃなくてメタリカになったんですかね?」
「あの〜、まず自分がメタリカ推薦したのはJKがめちゃかっこよかったからなんですけど」

「はあ」
「やっぱりこのメタリカを注目したほうがいいって神様も言ってるくらいだからすごいんじゃないのかな〜」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「あのさ、話はちょっと変わるけど、JK占い休んでた間、いろんなバンドの新作がめちゃくちゃいっぱいでたじゃない?」
「うん」

「Rもオレと一緒にレコード屋寄ったときにいろいろ新作試聴したじゃん。おもしろいのもあったでしょ」
「うん、あるよ! おすすめはね、」

「ああ。トルバドールズね」
ザ・トルバドールズ
「ちがう! あの、トルバドールズじゃなくて、いや、それもそうだけど。あと、あれ。ほら、」

「ブラック・ゴースツ?」
「そうそうそう。あれね、聴きごたえあるよね、これつけといてよ」

ブラック・ゴースツ
「そう。だからね、Rが試聴なんかしちゃったから占いできなかったんだよね」
「うん、そうね」

「でもこのメタリカは全然知らないでしょ。俺も知らない。あ! だからジャンケンの神様はこれを占ったほうがいいって言ったのかも。なんとなく想像つくよねオアシスは」
「うん」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「メタリカはすっごいコアなファンたちもいるし、メタルのファンとかじゃないひとたちも…」
「ガリバーなんて大っ嫌いなんでしょ」

「う〜ん、大っ嫌いって言われると、ちょっとちがうんだけど。メタリカの新作がいいって言われても何がどういいのかは全然わからないんだよね」
「じゃあ、なんでも訊いてくさだいよ〜」

「例えばメタリカ知らない俺なんかがきいてどういう風にいいと思えるアルバムなの?」
「その質問ちょっとふさわしくないな。まず何が素晴らしいのかって聞いてみてよ」

「そう、そうね。じゃあ、なにが素晴らしいの?」
「えーとね、まずこのJKが素晴らしい」

「はあ〜」
「このJK見たときにガーン! ときたもんね」

「ガーンときたと、」
「周りのJKにくらべて5、6歩進んでるなと思ったね」

「はあー。どっちの方向にどんな感じで進んでるわけ?」
「どっちって…、前の方にじゃないの…」

「へええ」


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「ああ〜質問するのが難しいな、じゃあ、例えばさ、そのー、なんつーの、メロディはさ、あのー」
「あ、わかった! 話し割り込むけど。ごめんごめん。これはさ、もう、この熱意というかモチベーションみたいなものが、創作とひとつになってドッガーン! といってるアルバムなのね」

「……これはね、あらためて、ここで言っておいたほうがいいね。Rは雑誌のインビューとか、そういうの読んでないって」
「メタリカもそう言ってるの?」

「本人っていうか、……ま、いいじゃない。けっこういいとこついてるよ。じゃあさ、バンドメンバーがどういう気持ちで熱くなってるかとかさ、そういうのはなんか伝わってくる?」
「何て説明すればいいんだろ。もう熱くなってる通り越してね、ほら、火で熱ーくなってる鉄をカンカンカンカンとかやるじゃない。そのあと、鉄の形になる瞬間ってあるじゃない。そんな感じね」

「ああー、もう『熱い』を通り越して」
「熱過ぎて冷めて形になってるんだよ。クールダウンする瞬間というか気持ちよいところね」

「鉄直前なんだ」
「ええ。そうそう」

「ふーん。それはカッコよさそうだね」
「みんなちょっと聴いてみた方がいいんじゃないかな」

「みんな聴いてると思うよ」
「でも聴かないでしょ、ロックの人とかは」

「聴いてるみたいだよ。俺は聴いてないけど。だから気になるっちゃ気になるよね。例えば今までのメタリカ全然知らなくてこっから聴くっていうのもアリなのかな」
「うーん、だけど、やっぱり好みっていうのもあると思うからさ」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「このアルバムの良さが分かるために必要なセンスとかってあるの?」
「センス〜? なにそれ、その質問は難しいなー。いやー、モヤッてるひとは聴いてみたらいいんんじゃないかな」

「モヤッてるってなに?」
「モヤモヤとしている」

「モヤモヤ、か!」
「この真ん中に穴があるでしょ」

「ええ」
「ここからねスパークして出て行くぞー! ていうようなそんな感じのイメージね」

「ああー」
「あなたをきっと強くしてくれるんじゃないかなっていう感じ」

「まあ、かなりいいみたいだけど、それがもっと、どういう具合にいいかっていうのを俺は訊きたいんだけどもね」
「ストロングでハードなんだよ。ストロングでクリアで、それで、ハードつってもやさしいんだよね」



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「それってさ、他のバンドでは出来ないことなわけ?」
「うん。こんなにクリアじゃないの」

「ほんと? じゃあ、なぜメタリカはそんなにストロングでハードでクリアな音が出せたわけ?」
「自分たちのやってることがハッキリとわかったから」

「ほっほー。自分たちのやっていることがハッキリとわかっているからこそ出来るストロングでハードさなんだ?」
「そう。一歩自分たちよりも自分たちがさらに先に行って、うしろを振り返っているような感じなんだよ」

「おお。それはもうあれだよね、」
「技術が溢れたっていうのかな」

「技術が溢れた? それってさ、あの、情熱だけではどうにもできない、もっと上のレベルの話だよね」
「そうそうそう。もう技術が溢れ過ぎて、先いったんだね。情熱の、」

「ははーん」
「で、こう、情熱を技術でうまくくるみあげたケーキ?」

「ケーキ? ああ。食べるケーキね。なるほどね」

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


「あとね、余計なものすべてとっぱらっているその潔さ。前に進むために今までのいらないものも全部捨ててんのね。そこがカッコいい」

「今俺の頭の中に、精進料理という言葉が浮かんだね」
「…」

「ちょっと違うんだ? なかなかさ、バンドってそこまでのレベルに行くことってできないと思うんだけどさ。なぜこのひとたちがそれをできたのかっていうのをやはり知りたいよね」
「信じてるからだと思うよ。いいものが出来るということを。それを100%信じたからこそそういうことができたんだよ」

「あの、ネタあかしするとさ、けっこう素晴らしいプロデューサーがついていてさ、精神面的な部分でもカツ入れてくれたりしたらしいんだけど。そういうのはあんまり関係ないの?」
「さあ〜、プロデユーサーの力だけじゃここまでいけないんじゃないかな。やっぱり本人たちのコアな部分ていうのが強くないとこんなのできないよね」

「なるほどね〜なんか今回は繰り返しのことが多くなってしまったかもしれないけども、とりあえず素晴らしいアルバムだと」
「素晴らしいよ。なかなか出来ないと思う、これ級のアルバムは。ガリバーから最近見せられたJKで、これが一番ウワーッと思ったね」

「ウワーッ素晴らしいなーと思ったんだ」
「ウワーッ素晴らしいなーと思った」

「これは、今だけの傑作ではなくて、普遍的な傑作と言われるものになるんだろうか? 時代を越えるような?」
「時代を越えるかどうかはわかんないけど、かなりのインパクトあるよね。今年のベストには確実に残るんじゃないかな」

「ああ、そう。そうやって、いい、いいって書かれている音楽評をよく見るんだけどさ」
「そうなんだ? やっぱりいいんだね」

「うん。まあ、ちょっと聴いてみるよ俺も。ここから」


演劇bounce.comのレビュー記事 演劇

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

鉄直前なんてすごいよな。
超客観性というのとはちがうんだろう。
客観的で片付けられないパッションがあるわけだから。
自分のやっていることに対してそこまでクリアになれるなんて、F1ドライバーのような感じかもしれないな。
周りの景色が消えていくスピードの中で、とても冷たく静かに自分のしていることを認識している。
すげー情熱!
すごい熱湯になってしまった風呂に片足いれた瞬間に、熱いのか冷たいのかよくわからなかったことを思い出した。
うーん、鉄直前に憧れるなー。


よろしければ押していただけると励みになりますひらめきbanner_02.gif

posted by ガリバー at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。