2008年04月14日

The Age of The Understatement/The Last Shadow Puppets

Age of the Understatement
Age of the Understatement
The Last Shadow Puppets



みなさん、こんにちは。
ガリバーではなくじつはRです。フリーダイヤル
ガリバーは「アメリカン・アイドル」に夢中で
占いの気分ではないそうなので、
きょうはひとりで占ってみたいとおもいます。

ガリバーからぜひ占ってくれと言われた3枚があって、
これはそのうちの1枚です。
アークティックのVocalのひとが別のバンドを作ったやつだよ
と教えてもらいました。

(以下、勝手な占い)

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


その彼が元の自分モードを取り戻したくて
作ったアルバムのような気がしました。
リアルで雑多な中のセンチメンタルとか
その行き着く先の退廃な感じとか、
その雰囲気は覚えているのに
曲として構築することが
どうしてもできなくなってしまったわけを
彼は考えているのではないかと思いました。

そしてこのアルバムを製作するにあたり、
彼は無意識に枠を作ってみたのではないかと思います。
そのフレームの中に閉じ込められているからこそ
自由な発想ができるというような。

そして、このアルバムはそのフレームのせいで
少しミニマムな感じ、
でもみんなが求めている核も確かに入っていて、
作戦はほぼ成功したのではないかと思います。





ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
るんるん bounce.comTHE LAST SHADOW PUPPETSインタヴュー るんるん
るんるん bounce.com 久保憲司さんのロック千夜一夜 るんるん
ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

去年の秋からマドンナもやっているという
マクロビオティックという食事療法を始めて、
と同時にあまり音楽を聴かなくなってしまいました。
毎朝(といっても昼過ぎ)ごはんを食べながら
大音量で音楽を聞いていたのですが、
マクロビオティックをやっていると
一回一回の食事がとっても貴重な感じになって、
そのときに音楽がかかっていると
うるさく感じてしまうようになっていたからです。

でも最近、だるかった日に
リトルバーリーを聴いたら
すごく気分がよくなって、
自分の中の何かの流れを
取り戻したような気持ちになりました。
音楽ってやっぱりいいなと思い、
自分にとっても必要なものだったんだなと再認識し、
そういえばリトルバーリーもこのブログで
リクエストをいただいて占ったから
興味を持って聴いたんだったなと思い出し、
ガリバーに占いやろうよと誘いましたが、
ガリバーはぜんぜんやる気になれないみたいだったので、
ムリヤリ1人で占うことにしました。雪

ガリバーの質問がないと
インスピレーションがわきずらいので、
平坦な感じになってしまいました。
しかも基本的知識もないので、
根本的にズレた内容になっているかも、、。

読んでくださったみなさん、どうもありがとうございます。


めんどうくさいと思いますが押してもらえると元気でます眼鏡banner_02.gif

posted by ガリバー at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。